林檎裁判 無料 漫画

林檎裁判 無料立ち読み漫画

林檎裁判

▼無料立ち読みはこちら▼

林檎裁判

▲画像タップで立ち読み▲

 

林檎裁判 あらすじ・画像ネタバレ

林檎裁判

 

林檎裁判とは、レイプ魔の男たちに、親友を犯され、男たちに不信感や、穢れをいだいた高校生の女の子、星観夜宵(ほしみやよい)が、レイプをした男たちに復讐したい、でも自分の力では何も出来ないと普段の生活を送っていたところ、ある日、家に帰ると、カゴに、りんごがいくつか入っていた。

 

何気なく、その中の一個を食べようと手に取り、見てみると、りんごに不気味な顔が!気持ち悪くて、壁にぶつけてしまった。

 

すると、りんごがしゃべだす。

 

ぶつけられて、痛いとか、出荷されて腹が立つとか、聞いているやよいは、ポカンとしている。

 

それで、やよいが、りんごに何者?と問いかけると、メイジーという名前で、童話では、赤ずきんと、呼ばれていた。

 

という。

 

そのメイジーが契約を求めてきた。契約すると、復讐できると。狼たちに食べられた女性に、復讐できると。

 

そして、復讐しようと、そのレイプ魔達のいる場所へ出かけるやよい。

 

レイプ魔に襲われかけた時、りんごをかじる。

 

そこから何かがはじまる。

 

林檎裁判

▼続きはこちら▼

 

林檎裁判の作者・岩葉純希

岩葉純希は、林檎裁判という漫画を描いている作者で、学生であり、またの名を薄毛というそうです。

 

夜風に当たりながら音楽を聴くのが趣味だそうで、良い趣味をしていますね。

 

初連載ということで、現在4巻まであります。これから先もがんばってほしいですね。

 

絵のタッチは、少し冷たい感じです。やはり、経験が少ないので、絵が上手とは、おせじにも言えません。

 

しかし、アイデアが面白いですね。

 

狼を人間に例えて、赤ずきんちゃんが復讐とは、良く思いついたものです。

 

林檎裁判

林檎裁判

▼本編はこちら▼